8月 11

一度は経験する可能性があり

未分類 コメントは受け付けていません。

車を運転している人は、必ずしも一度くらい車の整備面でトラブルに見舞われることくらいありますよね。

ガソリン切れやタイヤのパンク、バッテリー上がりなど、原因はいくらでもあります。
ガソリン切れは事前に察知は簡単ですよね。ガソリンの残量を確認しない人なんてほぼいないでしょう。

タイヤのパンクは、あまり遭遇しない症状ではありますね。
なるべくタイヤの磨り減りを確認するようにすれば平気ですが、素人目ですぐにわかるほど目に見える変化も少ないので、
遭遇してしまったときは、がんばって対処するしか有りません。


そしてバッテリー上がりですが、これは結構盲点なんですよね。
確認はしやすいですが、ガソリンほど頻繁に確認するものでもなく、タイヤの交換ほど頻繁に会うこともなく、
でお遭遇したら致命的です。


そんなバッテリー上がりの対処法としてジャンプスターターを車に乗せておくだけで、
バッテリー上がりが発生しても問題ありません。

最近では非常に小型なジャンプスターターも存在しています。
やたら大きいサイズのジャンプスターターを車に乗せておく必要も有りませんから、
緊急時に非常に役に立つこと間違い有りません。
念のため、ジャンプスターターを一台車に乗せておくことをおすすめします。

8月 12

ジャンプスターターの使い方

未分類 コメントは受け付けていません。

ジャンプスターターを買っても、そこまで頻繁に使用する機会も多くは有りません。

緊急時に使用できればいいので、基本的な使い方を覚えておきましょう。

必ず、赤クランプをバッテリーの+に接続してから、黒クランプを-に接続します。
接続ができたら車のエンジンをかけます。
エンジンがかかったらジャンプスターターを外して黒クランプ、赤クランプの順に外します。
この順番を間違えると大変です。


いろいろとやばいことになってしまいますので、気をつけましょう。
大切な車をお釈迦にしないために、たかがバッテリー上がりになって準伝をするときに失敗してしまった程度で車を失ってしまったら悲しすぎるですよね。
本気で自分に自信が持てずにその場でバッテリー上がりの対処ができる自信が無いようならば、長距離移動をする前に、
事前に車の整備会社に持っていって点検してもらいましょう。


そのおかげで地味に支払いがかかってしまいます場合も有りますが、
自信が無いのならばお金を払ってプロに依頼してやってもらったほうが何倍もいいです。


でも、そんな作業を自分でさくっとできたらやはりかっこいいのは間違いなしですね!
車を持つのならば、やはり自分で整備できるようになっておくとモテ度も上昇しそうですね。

インターナル